スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中川貴文展─Dear World─ エンディングコンサートの印象

2011.05.29.23:20

東京銀座の煉瓦画廊で開かれた「中川貴文展─Dear World─」の最終日、5月2日(月)閉会およそ1時間前に私は画廊に到着し、貴文君の絵に再会しました。敦賀、京都での個展の時と同じ絵が、しかし新しく光を放って語りかけて来るようでした。

居合わせたごくわずかの人数で、小野純子さんによるエンディングコンサートを聞きました。
その最初に奏でられたバッハのプレリュードは、この上なく美しいものだったので、大変不十分ながら印象を書き留めておくことにします。
……
大きな水晶が、
音楽の一音一音の進行ごとに新しい違う光を放つ。
水晶の斜めの断面一つ一つが、
次々にそれぞれ違う色あいをもって
あたたかい光を放っていく……
……

(井田 泉)

スポンサーサイト
プロフィール

olivetrump2

Author:olivetrump2
プリモールは20数年前から小野が主宰する音楽教室から育ってきた音楽を中心として活動してきたささやかな会です。
いつの時代もですが、慰めや安らぎ、力を与えられる音楽や芸術が特に不可欠の今日です。ほんとうにわたしたちが必要としている
命の源とつながる音楽を求め、模索しながら活動してきました。草や木が、空や大地からたっぷり栄養を吸収して育つように、
わたしたちの心と身体もしっかりと栄養を吸収し、謙虚な姿勢で学び合い、深め合い、高め合うことができることを願っています。
どうぞよろしくお願いします。                          小野 純子

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。