スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒磯(ありそ)の岩

2013.01.04.12:00

今朝は雪景色です。
静かな朝の霊気の中に身を置いていると、
ふと、「主のまことは荒磯(ありそ)の岩~」という讃美歌が浮かんできました。
(浮かんできた、というふうではなく、心の中に起こったというふうです。)

主のまことは 荒磯の岩、
逆巻く波にも などか動かん。

 (おりかえし) くすしきかな あまつみ神、
         げに尊きかな とこしえの主

主のめぐみは 浜のまさご、
その数いかでか 計りうべき。

 (おりかえし)

うつりゆく世、さだめなき身、
ただ主に頼りて 安きをぞえん。

 (おりかえし)

つもれるつみ、ふかきけがれ、
ただ主を仰ぎて 救いをぞえん。

 (おりかえし)


うつくしい讃美歌はたくさんありますが、
この讃美歌の旋律は、ほんとうにうつくしいです。
なんといううつくしさだろうと思います。

涙を誘う美しさの中で、
この世の罪の深さを思います。
わたしたちはなんと罪深い存在なのだろう、と…。
そして、
いつまでもいつまでもわたしたちのために涙を流してくださる神さまのことを思います。

北風の吹く寒い時期、
春の芽吹きの準備の時に、
わたしは、自分の罪、世の罪を思い、嘆きたいと思います。
思いっきり嘆いて、思いっきり涙を流して、
キリエ エレイソンと張り叫んで
救いを求めたい。

そして、みずみずしい若葉の萌える季節になって、
その向こうに輝くよみがえりのいのちと出会って、
そのいのちを自分の中にはっきりと体験したいと思うわたしです。

この讃美歌をライアーアンサンブルで演奏したいと思います。



スポンサーサイト
プロフィール

olivetrump2

Author:olivetrump2
プリモールは20数年前から小野が主宰する音楽教室から育ってきた音楽を中心として活動してきたささやかな会です。
いつの時代もですが、慰めや安らぎ、力を与えられる音楽や芸術が特に不可欠の今日です。ほんとうにわたしたちが必要としている
命の源とつながる音楽を求め、模索しながら活動してきました。草や木が、空や大地からたっぷり栄養を吸収して育つように、
わたしたちの心と身体もしっかりと栄養を吸収し、謙虚な姿勢で学び合い、深め合い、高め合うことができることを願っています。
どうぞよろしくお願いします。                          小野 純子

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。