スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 クリスマスコンサートのご案内

2012.11.13.10:07

12月19日(水) 京都市・右京ふれあい文化会館 創造活動室で
クリスマスコンサートをします。
右京ふれあい文化会館の創造活動室は、ライアーの音がとても美しく響く空間です。
ぜひぜひ、お越しください。

繝励Μ繝「繝シ繝ォ縺ョ繧ッ繝ェ繧ケ繝槭せ2012-1c_convert_20121113095428

演奏曲目は

Was Gott tut, das ist wohlgetan(神のなさることはすべて正しい)パッヘルベル
僧侶(司祭)の行進 モーツァルト オペラ『魔笛』より
マリヤの嘆き (オリジナル)
星の踊り(オリジナル)
キリストがお生まれになった(オリジナル)
パストラル・シンフォニー ヘンデル『メサイヤ』より
ジングルベル ピアポント
ひつじかいたち、ききなさい(ライアーのために作られた五度の音階の曲)
荒野の果てに・神の御子は (オリジナル編曲)
ものみなこぞりて (讃美歌)
主よ、人の望みのよろこびよ (バッハ カンタータ147番より)
愛をください (オリジナル)
グローリア (ジョン・ベル)
レントのように (セザール・フランク)

コロイのリコーダー、グロッケンやビオラ・ダ・ガンバ(通奏低音)も加わります。
どうぞお楽しみに~!

武生駅前のブックカフェ「ゴドー」さんでのこと

2012.01.16.12:11

昨年(2011年)12月24日から29日まで、武生駅前のブックカフェ「ゴドー」さんで中川貴文展ー青春18景ーが開催されました。

28日と29日、一泊で、27日と28日に音楽室で録音したピアノのCDと、コンサートライアーを持って出かけ、濃密な2日間を過ごしました。

そのときの様子が下のサイトで紹介されています。
ぜひご覧ください。


GON美術館 ー武生ー

山の音楽室♪音たちの部屋

12月10日(土)4:00より クリスマスコンサートをします。

2011.11.12.22:00

今年もクリスマスが近づいてきました。

10月30日にコンサートを終えたばかりのプリモールですが、
クリスマスのコンサートは欠かすことができません。

ほんとうに大切に、クリスマスの時を迎えたい、過ごしたいからです。
ほんとうの光を心に迎えたいからです。

クリスマスに向かってどんどん日は短くなり、空気は冷たくなってきますが、
心はそれとは反対に、あたたかくなっていきます。

数日前、聖書を開いたら、バルク書のこんな箇所が目に飛び込んできました。

  その方が光を放つと、光は走り、
  お呼びになると、おののいて従う。

  星はその持ち場で輝き、
  喜びに溢れている。

  その方が星を呼ばれると、「ここにおります」と答え、
  自分の造り主のために楽しげに光を放つ。

  この方に比ぶべき者はほかにいない。
  この方は知識の道をすべて探り出し、
  これをご自分の僕ヤコブと、
  愛するイスラエルにお与えになった。
  
  こうして、知恵は地上に現れ、
  人々の中に住んだ。

     旧約聖書 バルク書 第3章33節~38節
                 (フランシスコ会聖書研究所訳)


ほんとうに真摯な気持ちで、
クリスマスをお迎えしたいと願っています。

荒野で天使のお告げを聞いた羊飼いたちのように。
遠い東の国で、輝く星に導かれて旅に出た博士たちのように。
天使ガブリエルのお告げに、はい!と答えたマリヤとヨセフの清さに
ほんとうの貧しさを見ることができますように。


コンサートのご案内です。




















チャペルコンサート

2011.10.18.22:04

2011年10月30日(日)午後2時から
京都聖三一教会礼拝堂にて

ライアーアンサンブル・プリモール

ご案内はここをクリック!

平和への願いをこめて建てられた礼拝堂に
やわらかな響きが満ちるひとときを過ごしたいと思います。
どうぞ、お越しください。お待ちしています。 

(入場無料)

曲目

 聖歌
  (あおきまきばときよきみぎわ/ イエスきみは/ 輝く日を仰ぐとき)
 シンフォニア第3 番(J.S. バッハ)
 うたのつばさに(メンデルスゾーン)
 
 
 わらべうた(ほたるこい/ あんたがたどこさ)
 テゼ共同体のうたメドレー
 
 光の三部作(invitation/Sunrise/ Celebration)
 主はわたしの光(オリジナル)
 ドナ・ノービス・パーチェム

ライアーは膝に乗せて奏でる小さな竪琴。
第一次世界大戦で荒廃したヨーロッパで、
自由と平和への思いを託して、
1926 年に生まれた新しい楽器です。
ライアーのあたたかな音色、透明の響きで
いろいろな曲を奏でると、
不思議なことに
曲の内側に息づいている、深く、真剣な祈りに出会い、
敬虔な気持ちに満たされます。
響きの中に光が宿りますように、
心から奏でたいと思います。
  ─ ライアーアンサンブル・プリモール(主宰: 小野純子)─ 

2011年 プリモール 夏の合宿

2011.09.03.22:42

2011 プリモール 夏の合宿 ご案内
「聖霊、来てください ~ 音の力で元気になろう」
2011年8月24日(水)~25日(木)
関西セミナーハウス(京都市左京区一乗寺竹ノ内町23)

講師・小野純子 井田 泉

   今年で合宿は3回目です。
   2009年の合宿は関西セミナーハウスで
   2010年は余呉
   そして、ことしはまた、関西セミナーハウスです。

   おととしの合宿はたいへんたいへん濃密なものでした。
   ことしはおととし、そして去年よりずっとゆるやかに、
けれども、ああ、きてよかった!と思える、ライアーの楽しさ、豊かさ、醍醐味を味わい、楽しみながら、それでいて濃密な、深い内容の2日間を過ごしたいと考えています。

ライアーという楽器もコロイの笛もとても特殊なものです。ライアーと、また笛と出会ったけれど、これはじつはとてもたいへん、とてもむずかしい、どういうふうにしたら…!と思いながら継続されてきたことと思います。
けれども、集いや、コンサートを重ねてきて、ひとりひとり、音(質や響き)を聴く耳、聞く力が育ってきて、こんなふうに奏でたい、こんなふうに奏でられたら、また合奏できたら…という思いもだんだん明確になってきたことを思います。

えも言われぬ響きが生まれる可能性がプリモールにはあります!!
天女の羽衣のような、それでいて力強く、しっかりとした響き…。それには身体の使い方、音の出し方、感じ方などを深め、感覚が目覚めていくことが大切ですが、それと同時に、何よりもそれはチームワークの賜物。どんな響きが生まれるでしょう? 生まれる響きをほんとうに楽しみにして、交わりの時を過ごしましょう。
身体が固さから解放されて、感覚も自由になり、のびやかで自由な音が生まれますように。それを体験できることを願っています。

  2011 プリモール 夏の合宿 プログラム

2011年8月24日(水)11:00 ~ 8月25日(木) 16:00

8月24日(水) 11時 集合
             受付 & 場所にごあいさつ
         12時 昼食
     講座Ⅰ  1時 ~ 3時
     講座Ⅱ  4時 ~ 5時半
          6時 昼食
  ♪おはなし(井田)と交わり 7時半 ~

8月25日(木) 
          8時 朝食
     講座Ⅲ  9時 ~ 11時半
         12時 昼食 
     講座Ⅳ  1時半 ~ 3時

   ♪次に向けての交わり & まとめ 

○身体のこと、身体の中心と指先 エーテルのこと、泉のこと
○やわらかな身体のワーク
○音でおはなししましょう
○音楽に大切なもの……行間のこと
○不思議な重力を感じてみる 1気圧の中にわたしたちは棲んでいます
○3つの要素 旋律・ハーモニー・リズム
○テゼに関連したおはなし
○曲
讃美歌/シンフォニア/うたのつばさに
   わらべうた/テゼ
   光の三部作/ドナ・ノービス・パーチェム/主はわたしの光
旅愁/もみじ/里の秋
○音を描いてみよう
○ライアーの響きに合う、透きとおった声体験
○エンジェルカード☆
○クーゲル体験
プロフィール

olivetrump2

Author:olivetrump2
プリモールは20数年前から小野が主宰する音楽教室から育ってきた音楽を中心として活動してきたささやかな会です。
いつの時代もですが、慰めや安らぎ、力を与えられる音楽や芸術が特に不可欠の今日です。ほんとうにわたしたちが必要としている
命の源とつながる音楽を求め、模索しながら活動してきました。草や木が、空や大地からたっぷり栄養を吸収して育つように、
わたしたちの心と身体もしっかりと栄養を吸収し、謙虚な姿勢で学び合い、深め合い、高め合うことができることを願っています。
どうぞよろしくお願いします。                          小野 純子

最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。